今年もよろしくお願いします

年末に読んでいた本について書いているうちに2019年も一月四日。

三が日は初詣3箇所、お墓まいり2箇所を1日づつこなして、お雑煮も3日間食べ、今朝はトーストとコーヒーに。義母は3年くらい前から出かけても食事に行っても帰ってくると忘れてしまうので、付き合っているこちらもどんどん正月らしい気分とかとは無縁になってきている。常に今の瞬間を生きるという意味では見習うべきだろうと、そういう境地を目指して12月から瞑想を始めた。しかし、年末年始は家族もいるし何かと気忙しくついサボってしまい、やっても雑念が頭からとても抜けない。ちゃんと続けられるようになったら、生活の中で何かが変わっていくだろうか。

 

さて、本のタイトルはこちら

樹木たちの知られざる生活: 森林管理官が聴いた森の声 (ハヤカワ文庫NF)

樹木たちの知られざる生活: 森林管理官が聴いた森の声 (ハヤカワ文庫NF)

 

 作者のヴォールレーベンという人はドイツの森林管理の仕事をしているが、行政官として仕事を始めた頃は森の木を木材として、その利益を考えていたというが、森の管理や原生林の保護の仕事を続けるうちに森の奇跡や不思議にたくさん出会い考え方が変わっていく。人間の目線で伐採したり皮を剥いで枯れさせたりすることがとてもできなくなる。

作者は行政の立場から森林を保護することの限界を感じ公務員を辞めて独立して森林保護の仕事を始めるが、それに森林のある自治体が彼に賛同して森林の保護と管理を個人的に委託したという。数十年単位の本来自生しない樹木の植林や大型車両による木材の運び出しや害虫駆除剤散布などは、採算や人間の都合による林業だが、彼は樹木の習性を尊重して健康で幸せな森を作る方が生産的でそこから得られる収入も多いのだという。

原生林の中では木はお互いに助け合って、根どうしが繋がって栄養を分け与えたり、枝も友達を邪魔しないように伸ばしているという。木も人間と同じように痛みを感じ、記憶もあり、親子一緒に生活している。そこに菌類なども協力していたり、少し読み始めると、木に対する考え方、感じ方が、その後の木に対する時の自分の感情が変わっていくのがわかる。

今まで知らなかった木の生態について幾分かわかったからといって植物に対して理解できたとは言えないのだが、木の不思議さを想像することはできる。

 

森の中の木は自分の子孫が早く成長しないように地面に届く光を少なくすることで教育するのだという。若い木は光がたくさんあればすぐ大きくなるが、殆ど成長できないくらいの光の中で何十年とかけてゆっくりと成長する。100年で鉛筆ほどの太さで人の背丈程度の高さにしかならないのだが、そのおかげで内部の細胞が細かく折れにくく、病気にも強い木になり、結局長生きすることができるのだという。木は長生きするほど若々しく、成長も早く力強くなるのだ。

 手つかずの原生林に入ってみると鬱蒼として歩けないかと思うと、枝は高い位置にあり、低い草や小さな花はあるが歩きやすい。これはなぜか?

 過去のブログで沖ノ島の本殿裏の森のことを書いたことがある。全く人の立ち入らないその森に特別に藤原新也さんが入ることを許されて写真に収めたのだが、まるで庭師が作ったかのように感じたのだという。

plumarrri.hatenadiary.com

この本を読んでいくとその疑問の答えが腑に落ちる 気がする。

 

私は巨木に出会った時にその幹に手を当てて目を閉じても、何かのメッセージを木から聞くことはできない。何もしゃべってはくれないが、いつか木の考えがわかる日が来るかもしれないと。それは何となくわかっていたような気になっていたことが全然違っていたということばかりかもしれない。

スイスの憲法では「動物、植物、およびほかの生体を扱うときには、その生き物の尊厳を尊重しなけらばならない」というのがあるそうで、道端の花を摘むのも許されないという考え方なのだそうだ。

人間同士でも同じはずなのに別々の考え方で理解できないこともある。動物や他の生き物も生きていることはわかっている。植物も生きているものであるということはわかっている。ただ理解できないというだけで、地球上の生き物すべての命が等しくそして互いに助け合っている存在だということを無視することはできないはずだ。それを受け入れた時に自分自身も変わっていくような気がする。

エネファームにした

今日は一日家のガス給湯器の交換の工事で、部屋に待機しているので、久し振りにブログを書く。あまりに久し振りで、もう書き方もすっかり忘れてしまった。ʕʘ‿ʘʔ

変わっていないのは相変わらず顔がかゆい。いつも顔を擦っていたら、おでこに深い皺が刻まれてしまって、今一生懸命伸ばしているが、もう戻らないかもしれない。戻らないと言えば、虫歯も大きな穴が空いていますと言われて親知らずの神経を抜かれてしまった。  

空が綺麗でしたね、とか紅葉が始まってますとか天気予報の人の言葉も関係ない。テレビをつけても色々な情報はうるさいだけでなるべく見ないようにすると、確かに電車に乗っても、街を歩いても、今の世界はうるさい情報ばかりだと思える。ネットの記事を読もうとしても文の合間や隣で動画が勝手に動き出す。

駅を出るとデッキの上にやたらに人がいると思うと結構年配の人たちなのにみんなポケモンをやってるらしく、スマホを必死で叩いている。 子どもばかりか中高年の男女がみんなやってるのがなんとも言えない。

物を減らして、情報も減らして、心静かに夕日が沈むのをじっと眺める生活をしてみたら、少しは私の頭の中もすっきりして、少しは役に立ちそうなブログでも書けるかと思うのだが、一向に物も減らず、頭の中も雑音だらけでとても無理そう。

 

閑話休題

夏にガスの点検があって、給湯器が13年目で少し性能が落ちて来ているようだったので、壊れる前に交換しようと考えた。キッカケはその前にどこかの国で自然エネルギーで電力自給しているというドキュメンタリーの映画をみて、コージェネという方法について考えていた事だった。ガスコージェネレーションシステムはガスを燃料にして必要な場所で電気を作り、同時に発生した熱を暖房、給湯に利用するというものだ。エネファームというのは停電時に、発電やお湯の使用もできるなど、災害があった時の安心のためもある。もちろん家が壊れたらそれまでだが。

東京ガスの人が説明に来て、設計士の人が家を見に来て耐震などを計算してベランダに置くとそれに占領されてしまうようで、置いてあった植木も半分くらいかたずけた。

今年床暖房が壊れて治る時にそのことを知っていたら、ガスの床暖房にすれば電気代がずっとお得になったようだが、残念ながらその頃は知らなかった。だが今年までは東京都と国からの補助金が出るということで、それも10年目だそうだ。

災害の程度によっては役に立つか、全て無駄になるかもわからないが、電力が自給できたり、水の確保やら地消地産で食料自給率を100パーセントにするとか夢のような暮らしを夢見ている。

そうだ、本屋へ行こう

ちょっと時間が取れたものの、暑いから外を歩くのは無理だし、美術館などに行くほどの時間はない。それで1年前から行きたかった本屋まで電車に乗って行ってきた。

本屋であってカフェで、本と珈琲のセットがあるという。珈琲を頼むと本が付いてくる。読んだことのある本だったら?考えただけでドキドキしてくる。それは池袋にある梟書茶房というお店で、タイトルも作家もわからないようにカバーされた本を小さな紙に感想とオススメの理由が書かれていて、それを見て買うのだという。

もしかしてテレビでも取り上げられたことがあっただろうか、初めてその本棚を見たはずなのに、なぜか見覚えがあるような感じがした。

一人だったので、図書館の閲覧室のような感じの席でコーヒーとホットドッグを頼んだ。残念ながら本と珈琲のセットは本が売り切れてしまい、明日からまた始まるということで頼めなかった。

f:id:hidamari39:20180712173733j:plain

私は長居はしなかったが、ゆったりくつろげそうなソファー席やグリーンテラス席や、本が自由に閲覧できる図書エリアなどがあり、ゆっくりと本を読んでいてもいい雰囲気が嬉しい茶房だ。

オススメの24冊を紹介した目録を見て読みたいと思った本も売り切れていて、通し番号だけを眺めながら3往復くらい書棚を行ったり来たりして、本を選ぶ。タイトルはわからないから、小さな紙に描いてあるオススメの言葉を頼りに選ぶ。読んだだけで、タイトルがわかったものがあったが、知っていても読んでみたいと思い、それを手に取る。そしてその下の棚からも引き出したら二冊がセロファンがくっついて出てきた。

そちらはタイトルはわからないが興味がそそられたので二冊とも買うことにした。

f:id:hidamari39:20180712173753j:plain

時にはこうして自分では選ぶことのない、いや普通に本屋に行った時には目に入らない本に出会えることがある。そういう本はやはり私のところに向こうからやってきてくれるのだ。さて、何の本だったかタイトルが知りたい人のためにオススメの紙に書いてあった言葉の最初だけ書いておきます。

”日本人なら誰もが読んだことのある「名前はまだない猫」”の小説(ご想像通り!)

”書店員をやっていて、「この本、どこのジャンルに該当するんだ?」という本”

”戦前の詩人の詩選集です”

 

・・ここからは最近のニュースの話題から

タイの少年たちの救出のニュース。テレビの過熱ぶりには感心しないが、少年たちがコーチの指導で瞑想をしていて、9日間を2、3日しか過ぎていないと思っていたと伝えていた。これでまた瞑想がブームになって本も売れそうな気配。それと少年たちが暗い水中でパニックにならないように薬を飲んでから潜水をしたというのも、一体何の薬かと、気になった。そういう時にパニックにならずに何でも落ち着いてできるような気持ちになる薬といったら、私の頭に思い浮かぶのはちょっと危ない系?

彼らがそれほどの瞑想ができるのなら、薬に頼らなくてもできそうな気もしたが、医薬に頼るところは頼るべきなのだろう。

 

プラスチックの海洋汚染が急に取り上げられ始めたと思ったら、スタバでストロー廃止というニュースが出たが、ストローだけですか?となぜニュースでは誰も突っ込まないのだろう。と思っていたら、ウミガメの鼻にストローが詰まっている映像が何万回再生されています、とやっていた。いや、だからそうじゃないだろう!と一人でひたすら突っ込まざるを得ない。新しいカップはやはりプラスチックで「そんなに飲みにくくないですね」とレポーターがコメントしていたが、だからなぜそこでカップの使用については追求しないのか、さっぱりわからない。使い捨てでなくてもタンブラーもやはりプラスチック製品に変わりはない。

みんながストローだけを海に投げ捨てているとでもいうのだろうか。

回収して燃やしているか、プラスチックのリサイクルで使用しているはずの日本でも使用禁止にはするべきだろうが、どうリサイクルされているのか、肝心なことには触れないでストロー廃止をニュースで取り上げても問題が解決するとは思えない。

 

 

そんな!の話

暑くなってきたので、お義母さんが

「もう夏休みだから、デイサービスもお休み?」

とデイサービスを休む口実を考えてる。今月曜から木曜日までの週4回行っていて、その間、お風呂は二日、リハビリや体操は毎日、ほかにも書道や絵手紙や歌ったり、ボランティア活動の演芸の人が来たりなど、盛りだくさんで楽しんでいて、かつ体の調子も適度に運動することで、とてもいい状態なのだが、いかんせんめんどくさくて行きたくない気持ちもムクムクと湧いている状況なのだ。

休みたがっているのに、行かせていると、実の子供だったら、もう歳なんだからそんなにハードでもかわいそうと思うだろうと思う。

ただ今のデイサービスでリハビリの人がちゃんと見てくれて毎日の習慣で体を動かすようになってから、足の運びがスムーズになっているのは事実なので、休日に出かけない日はご飯を食べると寝てしまうので、やはり行って方が生活のリズムもちょうどいい具合なのだ。なので、

「大人には夏休みはありません。明日もデイサービスの日です」

と無情に伝えると、

「あ、そう・・・」

とちょっと悲しげである。

大人でも夏休みはあるかしら?でも主婦には夏休みないし。

でも、行ったら毎回イベントには参加して楽しんでいるというのを聞いて、少しほっとしている。

・・夏休みといえば、中学生の頃、ESPカードを手作りしてノートに結果を書いていたっけ。いくら訓練しても超能力は現れなかった。時間だけはたっぷりあった夏休み。今はブログを書く時間もあまりない。どうしてだろう。

主婦といえば、先日、夫が65歳になり、私の年金の種別が3号から1号に変わった。なんでも3号は夫の配偶者ということで、自分の年金を払わなくてもよかったのだが、これからは1号になり、自分で払わなくてはいけないという。その手続きをしなくてはいけないというお知らせが3月に来て、5月連休明けに市役所に届出を出してきた。

それが数日前に届出が確認できなかったので、1号に変更しました、という内容の手紙がまた年金事務所から届いた。

電話で問い合わせてみると、電話口では私が届出をしたのが確認できたのだが、向こうの処理に一ヶ月ぐらいかかるので、失礼な文面で申し訳有りません、とのことだった。

なんだかこちらが悪いような書き方で、本当に言われたら腹が立ってきて、つい口調が詰問調になると、お知らせをしているのに手続きが遅いせいだとまたこちらのせいにする。しかし、二ヶ月近くも手続きにかかっていることに対するお詫びはない。

それと同時に年金の振込用紙もどどっと送られてきて、夫の誕生日の前日から私が払う分が発生していて、未納分と今月末までに払う分(今期末までの払う分全て)を合わせたらなんと25万円近くだった。

なぜ、私は無職で変わらないのに、夫が65歳になったらこれからそんなに払わなくてはいけないのですか?と聞いたら、今までが特別扱いで払わなくて済んだだけです、とのことだった。納付用紙の期限が2年先になっていることを聞くと、納付期限は過ぎているので、払わないでいると、別のところから、督促状がどんどん届きます、とまた人のことを脅す。

うーん、同い年の夫と結婚した人と、歳の差がある夫婦では妻の年金の支払わなくていい期間が違うのだろうか?なんか変だ。しかも、歳をとってから払わなくてはいけないのだったら、先に言っといてほしいと思うのだが、私が無知なだけなのか。

しかももらえる見込み額は去年からなぜか減っているし、もらえる金額ではどう暮らしていけるのかと考えてしまう。

今から長生きするリスクに不安でいっぱいである。

美しい景色とは

 

 先日、東京新聞のオピニオンの欄を読んでいて、「樹木を剪定して、美観取り戻して」というのがあった。河北新報「声の交差点」からの発言で、3.11後を生きるという見出しの下にあった。

内容は松原の展望台からの景観が生い茂った樹木に遮られて望見することが困難になっていたので、樹木を剪定して美しい景観を取り戻して欲しいというものだった。新緑を楽しむために出かけたが、展望台に立ったら目の前の樹木が生い茂って見晴らしが悪いと剪定して美しい風景を取り戻して欲しいということだった。

新聞の構成上、上に「3.11後を生きる」とあったので余計に私の中に別の見方が心に残った。

目の前に茂っている木は庭木のようなものではなく、自然のままの樹形で茂っているものであろう。本当ならそれも景観の一つであって、ただ以前はその展望台から見られた景色とは違ってしまっているということなのだろう。

人は見たいと思うその構図こそが美観だと思うのかもしれないが、まず目の前の生い茂った樹木の成長も自然を感じてありのまま見て欲しい。そして別のもうちょっと高いところから見渡すとか、新しいビューポイントを探してみるとか、まず私たちの見方が変わると、新しい絶景ポイントが生まれてくるだろう。現実にスマホで美しい風景は色々なポイントから撮影されて検索すればいくらでも松原の美しい景色を見ることができる。私がもしその展望台に立って遠くが見渡せたとしても、手前の樹木の枝が無残に切り落とされていたら、手足をもがれた姿のように見えて、とても美しいと喜んではいられないだろう。あくまでも見る人次第で風景というものは変わるのだ。

なぜそんなことにこだわるのか。木がかわいそうだなどというのではない。ただ邪魔だから切るという考え方を受け入れることができなくなってきているのだ。見えなくて邪魔だから切ればいいというのと、不便だから電気をもっと使おうというのも共に3.11前の私にとっての考え方だったからだ。そういう当たり前に思っていたこと、心の持ち方、視点が変わったことが私にとっての3.11後を生きるということなのだ。

f:id:hidamari39:20180617121604j:plain

f:id:hidamari39:20180617121622j:plain

f:id:hidamari39:20180617121645j:plain

駅前のケヤキ

以前、駅のロータリーが新しくなった時ににシンボルツリーが一本北口から南口に移植された。クリスマスの頃にはイルミネーションがつけられ、新年になると新しい年号のボードも追加されて夜には光っているのを毎年見ていたが、今年の年号のものはつけられていなかった。毎日のように駅の前を通るのでいつも見ているようで、気がついていないもので、いつの間にかだいぶ枝が伐採されていたようだ。

イルミネーションがつけられていなかったのもそれと関係あるのか、木が弱ってきたと診断されたせいなのだろうか新緑が出てきて今、その姿がすっかり変わってしまったのにようやく気がついた次第。通りながら何度も目を向けて、これが今までと同じケヤキの木なのかと思うくらいその姿が変わってしまったのだ。

f:id:hidamari39:20180529161240j:plain

 

f:id:hidamari39:20180529161332j:plain

まるで違う2種類の木があるのかと思うくらい、枝を切ったところから新しく伸びた枝は垂れて、しかもそこについている葉が普通のものよりもみんな大きい。

f:id:hidamari39:20180529162036j:plain

上の方は今までの葉と同じ大きさで上と下ではまるで別の木のように見える。

ケヤキの樹形はそのまま手を加えなくても通常、美しい形をしているのでそのままの姿でいることが多いが、街路樹にしてあって、落ち葉の苦情が出た時とか、木が弱っていると診断されると、枝が落ちて事故になる危険があるからと、大胆に切られてしまうこともあるようだ。先日も樹木医のそうした意見が新聞の投書欄に載っていたが、いくら木のためであると言っても、人間の都合で診断されていることは変わりはないように思える。

 

こちらは駅の反対側のやはりケヤキの木。

f:id:hidamari39:20180529162204j:plain

写真で枝が枝垂れているところはやはり伐採されている。

南口駅前にはたった一本のケヤキの木。弱らないでまた元気な姿に戻るだろうか。

 

鹿野大仏

暑くなったりまた気温が下がったり、一週間前もすごく前のようで、一ヶ月前はつい昨日のように思えるこの頃。日曜日の気温の高かった日にあきる野市と日の出町へ行ってきた。・・ここでさらに一週間前も経ち、実にゴールデンウィークも終わってしまったが、行ったのは連休前のこと。

最初に五日市郷土館へ行き、五日市憲法草案の展示を見た。しかし展示の字を読むのは難しく、眺めただけだった。五日市にゆかりの人たちが紹介されていたが、山合いの地なのに、教育や経済、文化に貢献した人たちがいて興味深かった。

その後、山道を登って深澤家屋敷跡へ。

車は行き止まりとあったので、手前のお寺の駐車場に止めた。

f:id:hidamari39:20180426100945j:plain

屋敷跡なので、今は門だけ。

道の反対側にこんなところなのにカフェの看板があり入っていくとちゃんとオープンしていて、お昼を食べた。

静かで鳥の声だけが聞こえる自宅のリビングの古民家カフェだった。夫はうどんで、私はピザをいただいた。しかし、手前で行き止まりの札があったから、ここまで来る人が1日にどれくらいいるのだろうか。かなり手前にはキャンプ場があったが、その先では歩いているような人も全く見なかったので、こんなところでカフェをやっていることにびっくりしたのだが、とても美味しかった。

行きに通り過ぎてしまって、わからなかった山抱きの大樫。

f:id:hidamari39:20180426101014j:plain

f:id:hidamari39:20180426101033j:plain

お店の人に行き方を聞いて、車を止めてちょっと上がればあると言われたのだが、結局入る道を見つけるのに迷って30分くらいも歩いてやっと見つけた。お店の人はちょっと行けばあるということだったが、急な上り坂で、予想外だったが、それでもこの木を見ていたら、来て良かったと思った。熊に注意の看板もあったが、会わずに済んで良かった。

山道を武蔵五日市駅方面に降りて行き、都指定有形文化財の小机家住宅へ。建物の中に喫茶室があり、お茶をいただく。

f:id:hidamari39:20180426101050j:plain

f:id:hidamari39:20180426101107j:plain

f:id:hidamari39:20180426101123j:plain

それから、日の出町に抜けて宝光寺鹿野大仏へ。関東では一番高いとのテレビで紹介されていた。

f:id:hidamari39:20180426101139j:plain

f:id:hidamari39:20180426101159j:plain

f:id:hidamari39:20180426101216j:plain

正面はサマーランド。下に見えているのが駐車場でずっと歩いてくるので、まだ足の悪い人には無理かもしれない。まだ庭などは造成中だった。

f:id:hidamari39:20180426101231j:plain

f:id:hidamari39:20180426101247j:plain

f:id:hidamari39:20180426101306j:plain

大きな大仏様と小さな野仏さま。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }