久しぶりの昭和記念公園

今日から東京はまん延防止重点重点措置が始まったので、先週までお休みだった国営公園はどうなっているかと、見てみたら開園していたので久しぶりに入った。

f:id:hidamari39:20210412182930j:plain

f:id:hidamari39:20210412182944j:plain

f:id:hidamari39:20210412183004j:plain

もう藤の花も咲いていて桜の後の花達がいつもなら一ヶ月位ずれていたと思ったがあっという間に咲き出している。

f:id:hidamari39:20210412183022j:plain

メインの歩道の道は好きじゃないので、いつも人気のない方を選んで歩いているのだが、この道を歩いている時に、確か前回もここらへんで歌ったことをブログに書いたと思っていたら、なんともう4年も前だった。

f:id:hidamari39:20210412183037j:plain

ネモフィラとポピー

f:id:hidamari39:20210412183052j:plain

武蔵野の農を再現しているこもれびの里 

f:id:hidamari39:20210412183115j:plain

f:id:hidamari39:20210412183131j:plain

f:id:hidamari39:20210412183149j:plain

メインの道の外側の自転車専用道のさらに横の汽車の走ってくる道。人はいないから静かに見えるが、すぐ左が自衛隊駐屯地でその横は警視庁航空隊飛行センターでヘリコプターの離着陸の音がとてもうるさい。

f:id:hidamari39:20210412183205j:plain

間違えて写ってしまったのだが、なんとなく消し難くて。この左足、今いろいろ痛い。足の裏がびりびりするので先週靴を買ったところ。土踏まずをしたから支える靴底の靴にしたらびりびりするのは劇的に良くなったけど、膝とか足首とか。このあいだ高尾山なんか登ったせいかもしれないが、昨日の夜、壁に背中をくっつけて立ってみたら、右足のふくらはぎは壁にくっつくのに左足はくっつかない! あれ、膝が曲がってしまったとあわてて座って膝を床にトントンと打ち付けたりしたけど、こうやって変形してしまうのでしょうかねえ。

f:id:hidamari39:20210412183220j:plain

入ってきた時は気がつかなかったが、反対方向から入り口を写してみて、どうも違和感があると思ったら、噴水の両側に並んでいるイチョウの木が見事に四角く!切られていると気づいてショック。

イチョウの高い美しい樹形を、これは造形的な感覚でこんな風に四角く切っちゃったのかな、ちょっとひどい。

 

やはり昭和記念公園は広い。手前のルートを3分の1くらい行って帰ってきただけで、1時間45分(途中休憩あり)9,647歩。

高尾山に登る 

高尾山、立川駅から電車に乗って20分ちょっと。それなのに歩いて登ったことは一度も無い。小学校の遠足は陣馬山だった気がするがルートとか記憶は何も無い。

もちろん何度も来ているけれど、いつもケーブルカーで、先日は初めてリフトに乗った。

そこから頂上までのコースは何回か歩いていて、それでも気軽な服装で登れるのでせっかく歩くのだから山にも登れるようになりたいと、いつもならケーブルカー乗り場へ行くところを、その手前にある1号路から初めて歩きで挑戦してみた。

近くの大学のオリエンテーションで高尾山に登ったらしく、たくさんの男子が降りてくる。

f:id:hidamari39:20210409180816j:plain

やっと人が途切れたところで一枚。

f:id:hidamari39:20210409180842j:plain

ずっと上り坂というのは(当たり前だが)すごくきつかった。登り始めてもなかなか前に足が進まない。降りてくる年配の男性がジグザグと歩いているのを見て、真似してジグザグと歩くと少し足が楽に。ただ、ますます前に進まない。

すれ違った若い女性が下の方がきついねと話していたのを聞いて、帰りはケーブルカーで帰ってくることにした。(まだ上まで行けるかわからなかったが)

しかし、40分歩いたらリフト乗り場に着いた。

f:id:hidamari39:20210409181032j:plain

看板ではここから下って40分で高尾山口駅とある。下って40分なら40分で登ってきたのって私は案外歩けてる?ってことなのか。

ということで辛さはたちまち吹っ飛び、ケーブルカー乗り場横の展望できるベンチで立川駅で買ってきたばくだんおにぎりを食べる。(美味しい!)

f:id:hidamari39:20210409181047j:plain

昔は新宿のあたりが高層ビル群とわかった気がするが、今は白くぼやけているが、丘陵の緑が消えて街になりその上を白い森のようにずらりと地平線ではなく、ビル平線になっている。蜃気楼の中まるで人が荷物を背負って一列に行列しているようにも見えた。錯視だろうが、こんな景色は初めて見た。

後ろにはカフェがあり、そこでコーヒーと高尾バームクーヘン。

f:id:hidamari39:20210409181102j:plain

山頂まで登らず、そのままケーブルカーに乗って降りて、甲州街道高尾駅まで歩いて帰る。

歩いた時間は1時間16分。7,296歩。

1号路は車の通る舗装道路だったので、次は他のコースにチャレンジしていきたい。

f:id:hidamari39:20210409181121j:plain

街を歩く時にはまた音楽を聴きながら、そして今日も「spy」をこの風景を見ながら聴いた。

”時には曇りのち大雨だろう

いつか晴れたい

Am I daydreamer?

Am I daydreamer?"

お店の入り口に営業時間を変更する張り紙がどの店にも貼ってあり、今週閉店時間を夜8時から9時に直してあったが、また来週から変更しなくてはいけない。もう4月休業の張り紙の店もあった。

矢川緑地から城山公園へ歩く

家から買い物に行くのに遠回りして3kmから5kmくらいを一時間前後で週2回くらい歩いている。先日テレビでウォーキングのやり方をやっていたのを見たら私の歩き方も間違っていることに気がついた。かかとから着地するという意識でなくて、つま先で蹴って前に進むと思っていた。正しく歩いていないとあちこち力が入って足首やら膝やらすぐ痛くなってしまうのは、やはり歩き方が良くないせいもあるだろう。

で、ちゃんとリュックを背負って、腕を後ろにちゃんと振って、かかとから着地するように心がけて歩いてみた。

南武線矢川駅方面を目指し歩く。

矢川緑地から矢川に沿って歩いて、甲州街道を横切り青柳崖線に沿って城山公園まで行った。

f:id:hidamari39:20210409170348j:plain

f:id:hidamari39:20210409170458j:plain

f:id:hidamari39:20210409170515j:plain

写真は国立市城山公園。

ちょうど南武線矢川駅谷保駅の中間くらいまで歩いてから、住宅街の方へ上がってきたところで、新しいケーキ屋さんができていたので、そこでウォーキングは終了。

f:id:hidamari39:20210409171719j:plain

cafe VIVANTというお店のヴィヴァンというケーキ。ヴィヴァンってどういう意味ですかと聞いたら、生き生きしたという意味で、お客さんがケーキを食べて元気が出てくれるようにということだった。ありがとうございます。元気を頂いて残りも歩いて帰ることができました。

f:id:hidamari39:20210409171734j:plain

f:id:hidamari39:20210409170528j:plain

 

後半、ケーキの他に音楽でパワーをもらって歩く。先月初めて[Alexandros]を知って、CDを買って、それから毎日聴いている。朝の目覚ましも「ワタリドリ」にして目が覚めると頭の中で曲の再生が始まる。不思議と歩く速度も速くなる。でも「spy」の曲がかかったときだけは立ち止まってじっと聞いている。

”I'm gonna walk

This is my road

迷いは無くて 固くて

雲一つ無い" 

1時間24分で7,407歩。

途中の写真がなかったので、以前の記事もよかったらどうぞ。

plumarrri.hatenadiary.com

 

 

plumarrri.hatenadiary.com

 

誰もいない公園

 先週まではまだうちの周りの木は一分咲きにもなっていないくらいだと思っていたら、月曜日には満開と言われて、見ると本当にあっという間に景色が変わっていた。

緊急事態宣言は終了したが、駅近くのホテルの食堂はまだ宣言中と変わらず閉めたままだった。国営公園も桜が終わるまでは閉めているのだろうか。これは塀の外を歩いていて橋の横から写した。色が濃いのでソメイヨシノではない他の桜だろうか。広い公園の広場の奥に桜があるが、普通に広い公園を歩くことが三密でもなくリスクも説明できないと思うのに何故か公園は閉めたままだった。花の蜜に鳥がたくさん来ていた。コゲラヒヨドリシジュウカラが見えた。

鳥たちにとっては人が入ってこないから気持ちよく過ごしているのかもしれない。

f:id:hidamari39:20210325102214j:plain

 

f:id:hidamari39:20210325103155j:plain

 

柏崎刈羽原発、事実上の運転禁止に 東電のずさんなテロ対策で規制委が是正命令へ:東京新聞 TOKYO Web

自衛隊が本気で実弾で攻撃して、防げるような訓練を普段からしているのが当たり前だと思う。多分攻撃は外れるという楽観論でやってきているのではないか。

2021/03/25 10:15

 今日の新聞の一面から。でもずさんなテロ対策は多分ずっと昔から指摘されていたと思う。今更という気がする。事故前は無料情報誌のサンケイリビングに近くの駅からお土産が付いていて誰でも参加出来る原発の見学ツアーの参加者を募集していた。参加したら、中に厳しいチェックもなく簡単に入れるのでこれは危険じゃないかと言っている声を聞いたこともある。

 

今日から聖火リレーが始まる。朝から式典を放送していた。

誰も止めると言えない国で参加者はどんどん減っていくだろう。最後は仲良し運動会になるのだろう。

 

立川崖線

緊急事態宣言の延長で何か新しく追加での取り組みのせいなのか都立公園もお休みになったようだ。都内は人が多いから集まらないようにということだが、多摩丘陵の緑道が混みあう心配はないだろうと思ったのだが、とにかく出てはいけないということなのだ。

暖かくなってきたのと卒業のシーズンで駅の辺りはそれでなくても人が多い。先週は家の近くを駅と反対側に歩いてきた。

立川崖線の上から見下ろすと下はガニガラ広場。

 

f:id:hidamari39:20210315161652j:plain

f:id:hidamari39:20210315161740j:plain

階段を降りかけて何気なく振り向いたらサギがいた。

f:id:hidamari39:20210315161838j:plain

f:id:hidamari39:20210315164441j:plain

子どもが小さいころ遊びに来ていたころは正面の崖下から清水が湧き出ていて、花ショウブ畑だったが、今は芝の広場になっている。

f:id:hidamari39:20210315165350j:plain

f:id:hidamari39:20210315164500j:plain

この小川の水はどこから来るのか、公園を出て流れてくる方をたどっていく。

f:id:hidamari39:20210315164935j:plain

f:id:hidamari39:20210315164955j:plain

右手の崖下からの湧水のようだが、この先は私有地でここまで。

f:id:hidamari39:20210315165030j:plain

f:id:hidamari39:20210315170114j:plain

しばらく、立川崖線に沿って歩いて、根川緑道に出る。

根川は根川と多摩川の間にある立川下水道処理施設から高度処理水を流しているもの。

f:id:hidamari39:20210315171951j:plain

上の岩から高度処理水が湧き出している。しかし下水処理場が老朽化で下流の施設に編入されるために後数年のうちにはこの水もなくなってしまうという。

その後にどういう景色になっていくのかは今の所よくわからない。

f:id:hidamari39:20210315172003j:plain

ボケてます。カワセミ

f:id:hidamari39:20210315172019j:plain

f:id:hidamari39:20210315172038j:plain

f:id:hidamari39:20210315175234j:plain

頭上注意!

f:id:hidamari39:20210315172055j:plain

すっかり日が長くなったので、もう4時半でもこんなに明るい。

1時間で4,185歩。

 

 

 

おたかの道湧水園

昨日、NHKのお名前の番組で、吉祥寺に吉祥寺はない、と言っていたが、同じ中央線の国分寺駅国分寺がある、と思ったせいでもないが、今日は国分寺駅から西国分寺駅までを歩いた。

お鷹の道を通って真姿の池湧水群から少し進むと以前は定休日で入れなかった武蔵国分寺跡資料館が開いていたので入ってみることに。

f:id:hidamari39:20210305161558j:plain

旧本多家住宅長屋門 国分寺市重要有形文化財(建造物)

代々国分寺村の名主であった本多家の屋敷の入り口に、表門と先代当主の隠居所を兼ねて、江戸時代末期に建築された。中がおたかの道湧水園で入場料100円。

入場券は向かいのおたカフェで売っている。せっかくなので、先にコーヒーをそこで飲んでから入る。以前湧水コーヒーがメニューにあったが、なくなっていた。

今はないんですか?と聞くと、冬の時期は水が少ないので出来ないそうだ。

f:id:hidamari39:20210305165018j:plain

確かに真姿の池からは水が流れていたが、その先は水が流れていなかった。

 

f:id:hidamari39:20210305161740j:plain

長屋門をくぐるとおたかの道湧水園

正面の建物は資料館。本多家は村医者を営んでいて、生薬の原料となる薬草を育てていたのか、それらの植物も多く育っている。

f:id:hidamari39:20210305161812j:plain

もう少し西側に武蔵国分寺跡(国指定史跡)があるが、これは当時そこにあった七重塔の10分の1サイズの復元模型。

長屋門は門だけど家になっているので中を見学できる。

f:id:hidamari39:20210305162348j:plain

f:id:hidamari39:20210305162411j:plain

お雛様が飾ってありました。

f:id:hidamari39:20210305162434j:plain

2階の展示室

f:id:hidamari39:20210305162522j:plain

大正時代以降にはここで養蚕が行われていた。

f:id:hidamari39:20210305162546j:plain

f:id:hidamari39:20210305170120j:plain



f:id:hidamari39:20210305161917j:plain

後ろは国分寺崖線

f:id:hidamari39:20210305161939j:plain

f:id:hidamari39:20210305162002j:plain

f:id:hidamari39:20210305162038j:plain

ウグイスの声がする。まだ練習し始めたばかりのようで、ちょっと自信なさそうなホケキョの声。他にも鳥の名前はわからないが、綺麗な鳴き声が上の方から聞こえて来る。

しかし、雨が空からポツリと2滴。その後は降らなかったが、今日は傘を持ってきてないので帰ることに。

f:id:hidamari39:20210305162100j:plain

f:id:hidamari39:20210305170956j:plain

長屋門を出て、お鷹の道を少し進むと今の国分寺

西国分寺の駅まで歩いて3.45km、4611歩でした。

 

 

 

以前の記事はこちら↓ 

plumarrri.hatenadiary.com

plumarrri.hatenadiary.com

 

都立滝山公園

都立滝山公園は滝山城のあったところをそのまま公園になっているのだが、お城のブームもあるのか、公園マップの他に城攻めマップなども置いてあり、お城に興味のあるのか、親子連れも歩いていた。

f:id:hidamari39:20210301112430j:plain

はいまた影がパチリ。

f:id:hidamari39:20210301111859j:plain

f:id:hidamari39:20210301111915j:plain

f:id:hidamari39:20210301111931j:plain

千畳敷。広々としてベンチと机も用意されています。

f:id:hidamari39:20210301111949j:plain

広場から見下ろすと、弁天池址。雨水と湧水の池だったところだが、水は見えなかった。

f:id:hidamari39:20210301112006j:plain

中の丸。広場になっている。

f:id:hidamari39:20210301112023j:plain

広場の突き当たりまで行くと崖になっていて、多摩川昭島市街、狭山丘陵。ちょうど左手横田基地から飛行機が横切って行った。

f:id:hidamari39:20210301112038j:plain

木橋を渡ると本丸

f:id:hidamari39:20210301112056j:plain

なんだかさっきの広場と見分けがつきませんね。こちらは本丸の広場。

f:id:hidamari39:20210301112113j:plain

井戸はかなり深いです。携帯落としたら、二度と取れません。覗くのも怖いくらいで、水があったかよく見えませんでした。

f:id:hidamari39:20210301112130j:plain

f:id:hidamari39:20210301112146j:plain

広場の井戸の反対側に神社。

f:id:hidamari39:20210301112201j:plain

秋川が多摩川と合流するところ。

私が夫とここにきたのは30年近く前で、その頃夫が昔クワガタを取りに来たと言って、車で登ってきたのだが、今は車は入れないが、お城の遺構説明板や道がよく整備されていた。スマホのアプリで当時の様子がわかるようになっていたり、空堀などもよくわかるようになっている。

尾根に沿って歩くと信濃屋敷址。

f:id:hidamari39:20210301112216j:plain

 

f:id:hidamari39:20210301112250j:plain

かたらいの路というハイキングコースになっている。

f:id:hidamari39:20210301112307j:plain

f:id:hidamari39:20210301112324j:plain

大池址 広い谷いっぱいに桜が植えられています。下の方に少し池の水が見えるような。

f:id:hidamari39:20210301112339j:plain

入り口はあっても出口がわからない。車の音は聞こえていて、滝山街道沿いに進んでいて、その先に国道16号が走っているのは感じるけれど、見えている風景はまるで山の中のようなのが不思議。

f:id:hidamari39:20210301112358j:plain

滝山街道に出てきたところ。

  

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }