ゴミ回収の有料化

11月から今住んでいる自治体でも、ゴミの回収を有料化される。多摩地区ではもうすでに有料となっているところもかなりある。

ゴミの回収も23区と多摩地区ではかなり差がある。家のゴミは今14種類に分別してだしている。燃えるゴミ、燃えないゴミ、リサイクルするもの、有害なものなどかなり分別に気を使う。

燃えないゴミというのは、割れた茶碗とか、傘の骨(だけにするように言われているが、そのまま出してしまう)とか、袋に入る大きさの家電、ということで、普段はあまりない。

実家の方ではえっこれも燃えるに入れていいの?、これも燃えないゴミ(つまり東京湾に埋立)でいいの?と住んでいる地域が違うとかなり戸惑う。

 

分別はともかく、有料化されるにあたって、にわかにどの家でも家の片付けが始まったようだ。そう、燃えないゴミ、分別できないゴミが今まではほとんどなかったのに、最近は毎週それも何袋もでてくるようになった。

先週は近所の3軒でやかんと鍋がでていた。どんだけ〜でることやら、使っていなかったものをこの際処分しなければと皆さんあせっている様子。

 

実際家でも2世帯の義母の住宅部分のあらゆる手の届くより高い棚には荷物がぎっしりと入っているが、たぶん越してきて20年以上の間に一度も出した事はない。引っ越しの時のままか、その以前からのまま新聞紙にくるまれたまま、箱に入ったままの鍋やら食器やら、たくさんある。

 

そこら辺を全部開けて整理するのはとても無理なので、手の届かない所は見ない振りだ。それでも、義妹が来て、有料化になるまえに捨てた方が良いと手の届く範囲を整理してくれたら、ゴミ袋8個くらいのゴミとなった。

 

あの例の釜飯の入れ物とか、昔のロゴの入っている茶碗とか、お土産の置物色々など・・

もちろん、これらは家の中のほんの少しのスペースの部分にしか過ぎないのだが、捨てるとなると、結構大変だ。

 

今朝も出しに行くと、集積所にはすでに同じ位の量のゴミ袋がすでに出ていて、どこのお宅でも皆一生懸命のようだ。あと2ヶ月、スパートがかかっている。

 

有料になると袋が一枚何十円とかなり高くなる。うっかりゴミも捨てなくなるか、違法に捨てるのが多くならないか、心配もある。23区がうらやましい。

 

 

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }