読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブカメラを見ていた日々

311以後

昨日、こおろぎさんのブログ「桜島のUFO」を読ませて頂いてから、自分の事も書きたくなった。私も見ていました、とコメントしたい所だったが、ちょっと見当違いなため、控えさせて頂いた。そう、私も一時毎日桜島のライブカメラを見ていた。二年前の事。たまたま画面を見ている時に噴火して、夜の暗闇で真っ赤なマグマが流れてくる瞬間などを見る事もあった。それでも街の人達は普通に生活しているようで、私には遠く離れた場所の噴火の様子を、不思議な気持ちで見ていた。

私自身には不思議な体験がないもので、UFOは残念ながら一度も見ていないが、その頃You Tubeにて噴火の時にUFOが現れる映像はよくUPされていて、そちらも見たことはある。

その後、私のノートパソコンは壊れてしまい、Macに買い替えたら、そういう映像が見られなくなってしまい、自分ではやり方もわからないままで今に至っている。

 

私がそういうライブカメラをチェックしていたのは、311以後だった。

その頃は福島第一のライブカメラやら、富士山のライブカメラやらも見ていて、夜中に余震があると、まずチェックしたりしていた。福島第一の方でも頻繁に水蒸気が上がっていて、何事が起きているのか常に不安だったのだ。

一ヶ月位して、普通の人達ももう普通の生活に戻ろうと思い始めていた頃でも、本当には何が起こっているのかわからないままだった。

少しでも、今起こっている事が知りたくて、映像カメラをチェックせずにはいられなかった日々だった。今考えると、家でネットでそういうことばかりやっていたのはそうとう変な人と思われるけど、見られなくなって、忘れてしまった様な気になると、時々叫びそうになる。こんな風に。

東京新聞: 福島1原発 港湾内汚染水 打開策なく :社会(TOKYO Web)

見えないからって、何も起きていない訳でもない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }