読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピーナツバターで始めた朝

天気予報ではまだ雨かと思っていたら、朝起きると爽やかな青空だった。

空気もすっかり湿度がとれて、爽やかな風が入ってくる。

そんな土曜日の朝。

 

ピーナツバターで始まる期待で目が覚める。

 

今読んでいる、片岡義男さんのエッセーでタイトルの『ピーナツバターで始める朝』という1編がある。

 

出来るだけ普通の食パンのスライスを、トーストしなくてもいいから、その片面をピーナツバターを塗りつけるための平面として利用する。もうひと切れのスライスには、葡萄のジェリーを塗りこめる。そしてこのふたとおりのスライスどうしを貼り合わせ、かぶりついて噛み切り、ほど良く噛んだのち、牛乳とともに飲み下す。

丁度、台所にピーナツバターがある。

少し前に冷蔵庫の整理をして、期限切れの古いピーナツバターを出したままにしてあったのだ。そう、家ではあまり人気がないようで、誰も食べないままだったが、中を見ると全然異常はなさそうである。味見をしても変わりはないようだったので出してあったのだ。

ピーナツバターに葡萄ジャム!そういえば葡萄ジャムって、あまり食べた記憶がない。そう思っていたら、先日漱石の美術展に行った時にちょうど漱石のジャムとして、ブドウジャムを売っていたのでそれを買ってきた。

昨日はおいしい食パンも買ってきた。

 

なにかすごく新しい味を期待してしまったが、あくまで、ピーナツバターに葡萄ジャムが一緒になった味であった。

 

昔、友達のお弁当でサンドイッチの具がバナナとジャムのサンドで、そういうサンドイッチもあるのだと驚きだったが、いまだに自分で作って食べたことはない。

 

そう、甘いパンが実は苦手なんでした。

ピーナツ・バターで始める朝

ピーナツ・バターで始める朝

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }