6月のプンプン

KDDIからのお知らせでうちの契約している電話とインターネットのサービスが終了するので手続きをというお知らせが今年になって何回か来たが、いよいよ今月でネットも電話もできなくなる。手続きをしなければ電話が使えないだけでなく、電話番号も権利がなくなり消滅してしまうという。

同じサービスが同じ価格で受けられれば問題ないが、それは無理。もともとADSLの安いサービスをなくすのが目的だから高くなることは諦めた。

光にしたいが、今まで3回KDDIauとN TTと申し込んできてもらったが、ケーブルが家の中に入るルートがなかったので壁に穴を開けるかどうするかと悩んでいた。

電話線がむき出しで壁の中で固定されているために新しいケーブルを取り替えることができないというので、建設業者の人に来てもらって、家を建てた当時の設計図を基に天井裏からケーブルを通すための管を設置してもらった。

これなら光にできるとKDDIに光を申し込んだら、翌日に電話があり、契約を受けたのにうちの住所は光のサービスを提供できない場所です、という。

今ではできない経緯があったが、できるようになったのだというと、それはわかっているが、場所によりKDDIの提供ができません、という。それはどれくらいの範囲なんですか?と聞くが本当にスポット的にできる場所とできない場所があるという。隣はできてもうちにはできないということなのだろうか?

思わず、納得できません!と言ったがそれっきりもうKDDIからの連絡はなかった。

そのあと、他に光のできるサービスを探して、電話して、またいろいろあって、ついに昨日になった。(この間の色々な業者のやり取りももう書ききれないくらいの問題があるのだが、本当に書ききれないので略)

再び、KDDの第7コールセンター(そこへ手続きの電話をしろとかいてある)に電話してみるが、一向に出ない。ずっと鳴らしていると、ただいま混んでいますとアナウンスが流れて切れてしまうので、フリーダイヤルは諦めて、0077の局番からかけていた。それもなんどもアナウンスに従って、番号を選択し、やっとオペレーターに繋がっても契約者の氏名確認、電話口の氏名確認、などを経て、やっとパソコン上に出ているうちの経緯を認識するらしい。毎回電話口の担当者は当然違う。電話口のオペレーターにパンフレットにある通り、NTTに電話を戻します、と伝えた。

すると、今使っているメールアドレスだけは残すサービスが月250円でありますがどうしますか、というのでお願いします、と言った。すると、別の担当者から5分して電話があります、という。それと、NTTへ移行の電話は自分でしてくれ、その方が早いからというのでNTTの電話番号を教えてくれた。ネットができなくなるとどうするのかという話でフレッツ光の申し込みの電話番号も教えてくれた。116-000と116-116だった。

5分待って、KDDIの別の担当者から電話があり、移行の話をしていて、いつ切り替わるのかということでそれはこれからNTTに電話してからわかるというと、その日にちが決まったら、連絡ください、というので、今工事が混んでいて7月中になってしまったら、どうなるんでしょうか、というとその女性はこちらが大変ご迷惑をおかけしていまして、経緯もわかっていますから、7月末まではサービスを提供します、という。その代わり、6月30日までに必ず工事の日にちを教えてください、ということで電話を切った。

それから終えてもらった電話番号のフレッツ光に電話して申し込みをした。

一時間くらいかかったが、全て終わって工事の日にちを入れてもらったが、向こうもびっくりしていたが、今とても混んでいます、という。最短で7月3日、ただし日曜日は3000円割増料金がかかります、というので7月4日にしてもらった。

で、7月4日に工事の旨を 再びKDDIにかけたところ、7月になるともう電話は使えなくなっています、という。先ほどの話と違うというと、サービスを続けるのはNTTのアナログ回線にする、人だけだという。

さっきそちらが教えてくれた電話番号で手続きをしてきて、7月末まで大丈夫と言ったのですよというと、すみません、こちらが間違えましたがサービスは提供できません、という。こちらがじゃあどうすればよかったんですか、電話が使えなくなったら困ります、と怒ったので、5分してから掛け直します、という。

5分後に再び電話があり、こちらの頭も冷えたはいたが、結局サービスは終了なので、新しくKDDIの電話のサービスをその4日間のために申し込むか、NTTのアナログ回線に申し込んでくださいとのことだった。

その経緯を再びNTTに話すと、契約した担当者に電話を代わってくれて、わかりました、なんとか6月中に工事ができるようにこれから調整します、と言って一時間くらいして6月30日に工事の人が来ることになった。今は転勤の時期でもなく通常は2週間位で取れるのですが、KDDIのサービス終了の工事がやはり多いという。最後の日に何かトラブルがあったらどうなってしまうのか、その日が来るまでこれで全て完了とまだ安心はできないが、工事の日にちが変わったことを再びKDDIに電話する。

最後に出た担当者は6月30日と聞くともう何も問題ないのだろう、爽やかな声で「季節の変わり目ですのでお体に気をつけてお過ごし下さい」と言った。

確かに通信事業者として電話がネットが使えなくなっても平気で放り出す会社と何回もやり取りするのは本当に疲れた。

色々な会社とも電話して感じたのは物事が複雑になっている分、仕事が分断されて、みんな自分の仕事以外は知りません、わかりません、のなんと多いことかということ。

ある会社のホームページからかけた電話は代理店に繋がっているらしく、契約の大事な点で間違いがあって、結局契約できません、と言われたし、工事の日にちを連絡しますという部署はただ目の前のパソコンの空いている日にちを抑えることしかできない。

こういう仕事のあり方を見ていると、会社そのものが劣化しているような気がしてならない。自分たちで責任のある仕事をしているという感じではなく、右から左でお金が儲かる仕事をしているのでは?と思えてしまうのだ。

これから、新電力でガス会社や携帯会社、何でもかんでも参入してきて、本当に生活に困ることが起きた時に果たしてそういう会社がちゃんと対応できるのだろうか。できなくて問題が多々起こるのではないだろうか。ガスと電気ではそのルートは全く違うし、トラブルが起きた時に専門外に対応するのは大変だろう。

電気や電話やガスが、会社の都合でお客を放り出すようなこと、明日からは使えません、なんて、前もって通知すれば済むことじゃないと思うのだが。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }