読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥見、花見

散歩
 

なんだか月日が早く流れて、花見もしないうちに桜も終わってしまいそうな気配。はてなのダッシュボードに購読しているブログの欄に未読の件数が表示されるようになったのはいいが、いつのまにか1週間くらいも経ってしまったようだ。

久しぶりにパソコンを開けるとアップデートが溜まっていてダウンロードするのに何時間もかかり、その他の調子もなんだか悪くなっていて、ますます遠ざかってしまう。

3月は病院の付き添いに時間を取られて過ぎてしまった。どんどん高齢化していくと様々な問題が起こってくるだろうが、あまり深く考えるのはよそう。

急に暖かくなり、桜も満開になった。月曜日の午後に娘と夫が近くの緑道を歩いてきたら、小川沿いの桜を見る人たちで賑わっていたが、池になっているところがあり、そこにカメラを構えた人が4、5人いて、何かと思ってみたら青い鳥がいたよ、と言った。「それ、カワセミよ!初めて見たの?」と私が興奮して聞くと、「う〜ん、そうだなあ」という返事。そんなに花見の人がぞろぞろ歩いているすぐ横でカワセミが見られるとはちょっと驚いた。そんな中で写真もすぐ近くで撮られているのに全然平気らしい。カメラを持っている人がそんなに何人もいるというのは、皆んな知っていて集まっているのだろうか。

今日はお天気が崩れると言っていたが、幸いお昼頃さっと通り雨が降ったものの、その後曇りから薄日が射してきたので、私もそこへ見に行ってきた。

 f:id:hidamari39:20150401170917j:plain

f:id:hidamari39:20150401171437j:plain
この板の上を子供達が走っていましたが、奥の杭のところに
f:id:hidamari39:20150401171500j:plain 
カワセミがいました。(iPhoneで撮るのは残念すぎます・・ほとんど見えていません)
f:id:hidamari39:20150401171806j:plain
やはりカワセミの写真を撮っている男性が一人いました。
こんなに人のすぐそばにいたということに今まで何故気がつかなかったのでしょう。なにしろ、私がカワセミを初めて見たのはつい去年、夫は三日前。しかし、鳥が近くに来るようになったのか、カメラマンが増えた為に、私たちが気がつくようになったという気もしなくもない。カワセミは見過ごしてしまっていただけで、カメラを構える人たちが増えたので、「何?」と注意するので気がつくようになっただけなのか・・それにしてもいつ行っても見られるとはびっくり。
f:id:hidamari39:20150401172358j:plain
f:id:hidamari39:20150401172513j:plain
月曜日にはもうツバメも飛んでいた。鳥の囀りも聞き分けることはまだまだ出来ないが、今までとは違って聞こえる。明日世界がどう変わるとしても、悩むより今を生きているよと。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }