読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜の胃痛

身体

年をとってきたせいか、だんだん肉が食べられなくなってきた。まったく食べたいと思わない訳ではない。

昨日は白菜鍋だった。白菜と豚バラ肉と干し椎茸と春雨を煮てごま油をかける。レシピでは味はつけずに塩などを自分でそれぞれ振って、とあったが最初から塩は入れて、チキンコンソメと白だしも足した。

お鍋に一杯出来たのはいいが、子供達もお代わりするのは白菜と春雨メインでお肉はいらないという。私は残ってはと3杯くらい食べてしまった。

そして夜寝てからのこと、一時間くらいして胃が痛くて目が覚めた。食後6時間くらいは経っている。手を当ててなんとか過ごしたけどまだ下りそうなのか、吐きそうなのかもわからないが痛かった。どちらも大丈夫だったけど、そういえばこの所同じ様な経験があると反省した。そう、ちょっと自分の許容量を越えて食べてしまったせいだと。

レシピよりかなり少なめに買ってきたのだが、それでも多かったようだ。

 

子供の頃お正月は祖母の家に泊まりに行きよるご飯はすき焼きと決まっていて、10人でお肉が何キロでとか言っていたが、今ではお肉がキロ単位というのは全然考えられない。

身体の方も若いときは何を食べてもなんとも無かったのに最近は食べ過ぎにはてきめんに反応する。

 

さて今晩は何食べよう?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }