読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再び大雪の後

 雪の時にベランダにはいつもより鳥達の訪問があった。雀もいつも5、6羽だったのが倍くらい増えていた。向いの地デジのアンテナにたくさん止まって様子を伺っているようなので、手すりにビスケットを1枚砕いておいたらすぐに飛んで来た。ところが上でヒヨドリが見張っていたらしくたちまち追い立てて独占していた。後ろからそっと雀が近づくと激しく襲いかかっていた。雪で今日は食べ物が見つからないと思っているのかとっても殺気立っている様子。ヒヨドリはいつも2羽で来ていてそのうちの一羽は頭が突っ立っていて(娘が「ボサ男」と呼ぶ)翼をちょっと持ち上げ気味で誰も寄せ付けまいと頑張っていた。いつも来た事の無い鳩が一羽きて遠慮がちに近づいて来ると、ボサ男は羽を細かく震わせた。威嚇音でもでているのか、それだけで鳩は逃げていった。漫画だったらボサ男に黒いサングラスを掛けているはず。その日ばかりはいつものヒヨドリとは別鳥のとっても悪い奴に見えた。

 それでもずっと我が家のベランダにいる訳にもいかないので、いなくなった隙に追加のビスケットを再び載せると雀やこちらも初めてムクドリも3羽程来ていた。

 鳥達の方は一日でこの状態から抜け出せたようで、次の日にはもうそんなに来なかったけれど、翼の無い人間は出るに出られずの状態が何日も続いている。未だに連絡がとれていない孤立状態の人もいるのではないかと不安が残る。

 今日は伊勢丹立川店にて金沢展が始まったので見て来たら、いくつかの店舗で輸送が届かず棚が空っぽのまま店員さんだけが立っていた。お弁当や生菓子などは到着が遅れれば売れなくなってしまうものもあるのではないかと心配になる。輸送網が発達したから今の販売方法が可能になったのだとしてもそれは脆い網なのかもしれない。普段その脆さを自覚しておかないとこれからもスーパーで棚が空っぽという事態は頻繁に起こって来る様な気がする。

 今回の雪で私が一番ショックだったのは街の中の植え込みの木や公園の常緑樹の枝が相当に折れてしまった事だ。ツツジの植え込みがすっかり枝がしなっていて、雪をどけてみようとしたら、上に乗っかっているだけと思ったのに凍ってしまっている為に落とす事ができない。無理に雪を割ったら枝ごと折れて地面に落ちた。葉の部分もすっかり枯れているからか、ぽきんとあっけなく折れてしまった。重みで全体も半分に折れ曲がっている。前回と違ってあまりにも重い雪で、こんなにたくさんの木が折れているのを初めて見た。

 暦では雨水となったものの家の前に積み上げた雪はまだ当分解けそうにない。

f:id:hidamari39:20140219170221j:plain

月曜日に駅ビルの1階に先週開店したばかりの花屋さんが本店まで花が届けられないという理由で通路で花束を無料で配っていて頂きました。店舗でも6、7本入った花束が100円で売っていてそちらを2つ買って、(全部でこの倍くらいになりました。)ここだけは春。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }