そんな!の話

暑くなってきたので、お義母さんが

「もう夏休みだから、デイサービスもお休み?」

とデイサービスを休む口実を考えてる。今月曜から木曜日までの週4回行っていて、その間、お風呂は二日、リハビリや体操は毎日、ほかにも書道や絵手紙や歌ったり、ボランティア活動の演芸の人が来たりなど、盛りだくさんで楽しんでいて、かつ体の調子も適度に運動することで、とてもいい状態なのだが、いかんせんめんどくさくて行きたくない気持ちもムクムクと湧いている状況なのだ。

休みたがっているのに、行かせていると、実の子供だったら、もう歳なんだからそんなにハードでもかわいそうと思うだろうと思う。

ただ今のデイサービスでリハビリの人がちゃんと見てくれて毎日の習慣で体を動かすようになってから、足の運びがスムーズになっているのは事実なので、休日に出かけない日はご飯を食べると寝てしまうので、やはり行って方が生活のリズムもちょうどいい具合なのだ。なので、

「大人には夏休みはありません。明日もデイサービスの日です」

と無情に伝えると、

「あ、そう・・・」

とちょっと悲しげである。

大人でも夏休みはあるかしら?でも主婦には夏休みないし。

でも、行ったら毎回イベントには参加して楽しんでいるというのを聞いて、少しほっとしている。

・・夏休みといえば、中学生の頃、ESPカードを手作りしてノートに結果を書いていたっけ。いくら訓練しても超能力は現れなかった。時間だけはたっぷりあった夏休み。今はブログを書く時間もあまりない。どうしてだろう。

主婦といえば、先日、夫が65歳になり、私の年金の種別が3号から1号に変わった。なんでも3号は夫の配偶者ということで、自分の年金を払わなくてもよかったのだが、これからは1号になり、自分で払わなくてはいけないという。その手続きをしなくてはいけないというお知らせが3月に来て、5月連休明けに市役所に届出を出してきた。

それが数日前に届出が確認できなかったので、1号に変更しました、という内容の手紙がまた年金事務所から届いた。

電話で問い合わせてみると、電話口では私が届出をしたのが確認できたのだが、向こうの処理に一ヶ月ぐらいかかるので、失礼な文面で申し訳有りません、とのことだった。

なんだかこちらが悪いような書き方で、本当に言われたら腹が立ってきて、つい口調が詰問調になると、お知らせをしているのに手続きが遅いせいだとまたこちらのせいにする。しかし、二ヶ月近くも手続きにかかっていることに対するお詫びはない。

それと同時に年金の振込用紙もどどっと送られてきて、夫の誕生日の前日から私が払う分が発生していて、未納分と今月末までに払う分(今期末までの払う分全て)を合わせたらなんと25万円近くだった。

なぜ、私は無職で変わらないのに、夫が65歳になったらこれからそんなに払わなくてはいけないのですか?と聞いたら、今までが特別扱いで払わなくて済んだだけです、とのことだった。納付用紙の期限が2年先になっていることを聞くと、納付期限は過ぎているので、払わないでいると、別のところから、督促状がどんどん届きます、とまた人のことを脅す。

うーん、同い年の夫と結婚した人と、歳の差がある夫婦では妻の年金の支払わなくていい期間が違うのだろうか?なんか変だ。しかも、歳をとってから払わなくてはいけないのだったら、先に言っといてほしいと思うのだが、私が無知なだけなのか。

しかももらえる見込み額は去年からなぜか減っているし、もらえる金額ではどう暮らしていけるのかと考えてしまう。

今から長生きするリスクに不安でいっぱいである。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }