夕日と富士山と

f:id:hidamari39:20180107180322j:plain

f:id:hidamari39:20180107180335j:plain

f:id:hidamari39:20180107180350j:plain

駅ビルの最上階のカフェからの眺め。12月12日頃と、1月1日に富士山のほぼ真ん中に夕日が沈む。午後4時10分ごろ。10日くらいまでは少しずつ連れて行くが、富士山の向こうに夕日が沈む。

今日は7日なので午後4時23分頃、向かって右側にずれている。スマホでは滲んで夕日をうまく写せなかった。

駅ビルができて5、6年してそのことに気がついたのは10年くらい前。偶然に見たその景色はその後もなんども見られると思ったが、見られそうで、天気や都合でなかなか見られない。結局人生で同じタイミングで同じ景色を見られることなんて、2度とはないのかもしれない。

年末年始、義母がデイサービスに行き、帰るまでの間に別の身内の介護に電車に乗って出かけて、お迎えに間に合うかどうかハラハラしながら帰路につく。

中央線の高架から家が近づくと富士山と夕日が見える。電車の扉に体をくっつけてじっと見つめる。いつ見ても魅了される。

自分の住んでいる町がそれだけで特別の町のように感じている。うちの窓から見えるわけではないけれど、富士山が綺麗で冬至の前後にダイヤモンド富士が見られるこの町が。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }