あれこれと

とっくに梅雨入りしているのに、雨が降りそうで降らないと思ったら、日にちが確定するのは9月という事やっぱり梅雨入りしてないかもしれないこの頃。もやっとしている間にも時は過ぎていく。

 

徹夜で国会をやっていてもあまりニュースでも言っていなくて、次の日の午後に国会議事堂前を通ったが、道路の両脇に警察の車両は止まっているが、人はほとんどいない。

最近、ランチに行ったときに、「共謀罪って、私たち関係ないと思ったら、一般の人でも当てはまるかもしれないのね」という話題になって全然関係ないわけではないと一般の人々がやっと思い始めたかと思ったら、もう成立。それすら芸能人の話題や皇室の話題とともにすぐ関心が去っていくのだろうか。 

駅前のビルの大型ビジョンで男の子が駅のベンチの下に黒いバッグを見つけて駅員に通報すると、爆破処理班の装備の人たちがやってきて、警官が少年の頭を撫でながら「ありがとう」という。そして「テロを許さない」のような文字が大きく写る。警視庁の広告が通るたびに流れている。それを見ながら、こうして何度も見ているうちにそれは一つの現実になっていくのだろうかと思う。大抵のかばんは忘れ物で服やらお弁当やらかもしれない。しかし、いつの間にか不審物があると爆弾が当たり前にの社会になっている。その時のためにもテロ等準備罪が成立して安心したというのも国民の半数にとっての現実なのかもしれない。

私の生きている現実とはどんどん離れていくような気がする。

 

嬉しい出来事もあった。 

3年前にメダカをたくさん親戚にもらったのだが、減る一方でついに去年生まれて育った子供が(たった!)1匹に大人が4匹になってしまっていた。最初は色が変わったメダカも混ざっていたのだが、今は黒いメダカだけになった。それが先月に、水草が増えてきたので半分隣の水槽に移したら、卵が孵ってたくさんの赤ちゃんメダカが泳いでいる。毎朝見るたびメダカの赤ちゃんが増えていて、最初の頃のものはもう2センチくらいにまで大きくなってきた。

 

もう一つ。うちの駐車場のライトの上に10年くらい前にツバメが巣を作った。10センチ四方の照明の上なので雛が落ちたりしたが無事に巣立ったと思ったら、次の年だったか雛が孵った後でカラスが襲ってきてそれ以来ずっとツバメが来ることもなくそのままだった。

今年商店街のツバメが巣立った頃になって我が家のその巣にツバメが来た。

長年放って置かれたツバメの巣なのだが、大して補修するとかもなく、すぐ卵を産んで温めているようだ。朝、家の周りに水を撒くときに後ろに回るとツバメの頭が見える。商店街の方は人通りがあるのでカラスに襲われにくいだろうが、裏通りなのでそんなに人通りもない。今度は無事育ってくれるといいのだが。

 

その他冷蔵庫を買い換えた。床に水が漏るようになったので15年くらい前のものを新しくした。数年前に書いたことがあるが自動製氷機が要らないと思っていたので、ないものを探すと今より小さい家族2、3人用のものでシャープのものだけがあった。しかし、今家族4人用の大きいサイズの方が年間電気料金は安いという。なんという矛盾。

大きい冷蔵庫に入ると言っても保冷剤やソースの小袋や期限切れそれも5年くらいの缶詰のお菓子などを捨てたり食べたりして減らしたらサイズはちょうど収まっている。

 

そのうちに電子レンジも続けて使うとモーター音が止まらない。こちらは20年前のものだ。だがやはりオープンレンジというのは今はどのメーカーも大型になってしまっていて、しかも使い方が複雑になっている。自動で作れるメニューが400種類以上あるものもある。一度に3品が10分でできると言われても、使いこなす自信もなく、メンテナンスも操作も複雑になるばかりだ。もちろんただシンプルなレンジでいいのだが、娘がクッキーくらい焼きたいという。何度も電気屋さんに行って各メーカーのものを調べてみたのだが、どうも求めるようなものがない。どうしてもっとシンプルにでもちゃんとしたものを作ってくれないのだろうか。なのでこちらはまだまだ考え中。

 

 

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }