お盆休みに風邪をひく

お盆の休みと言われても、家族で休みも合わず、デイサービスも休みはなかった。その上、娘が風邪をひき、週末には私もうつってしまい、咳、くしゃみ、喉も痛いし、目も潤んでかすみ身体は熱い(これは気温のせいか熱はなし)。

スポーツドリンクの粉末をペットボトルに入れて、薬局でビタミンCを買ってきて、スプーン一杯入れて飲んでいるけど、取った水分が鼻から・・・(すみません)

 

 

月曜日、北杜市にある、ターシャ・テューダー ミニミュージアムへ行ってきた。

お盆の休みが過ぎたのと、前日夜からのかなりの激しい雨で、高速道路も空いているかと思ったら、割と車が多かった。雨のために、制限速度は50キロだったが、小雨になっていて、そこまでスピードを落としている車はないが、帰り道は渋滞19キロだった。

長坂インターを降りると、「一流の田舎まち」との文字が道路沿いに見えた。「一流の田舎」って何??別荘もたくさんあるし、住んでいる人というより、セカンドハウスとして住むにはいいですよという意味だろうか。

 途中、畑もあるがソーラーパネル畑もちらほらある。発電に投資している一般の人もいるのだろうが、せっかくの一流の田舎が壊されるイメージは否めない。

インターから車で20分で小さなミュージアムに着いた。

ターシャの庭の要素を取り入れて、ターシャの愛した植物が植えられている。

       f:id:hidamari39:20150818230404j:plain

 

展示で、バーモントのコーギコテージの立体模型が飾られていた。本の写真で見た時には一人で暮らしていたというので、もっと小さくてストーブのキッチンと絵を描くアトリエというイメージを持っていたがもっと全然大きな家だということがわかった。

        f:id:hidamari39:20150818231230j:plain

展示の他、本やカードなどの販売もあったので、カードを一枚買った。

 その後、牧場でお昼を食べた。団体客向けだったようで、せっかくの景色はあいにくの天気で何も見えないため、車はまばらだった。バイキングとワインは飲み放題ということだったが、うちは誰も飲まないし、コーヒーは別料金だというので、飲むのを我慢した。帰り道で八ヶ岳倶楽部に寄ってコーヒーを飲んだ。駐車場に車がたくさんあって、ここだけが賑やかに人が立ち寄っている雰囲気だった。調べていなかったので知らなかったのだが、あの柳生真吾さんの作った雑木林やギャラリーのある施設だ。10年くらい前に西武ドームのバラのガーデニングショウを見に行った時に、柳生真吾さんのコーナーもあって、『柳生真吾八ヶ岳便り』という本を買ったらサインを頂いた。

その頃から行ってみたいと思っていたのに、5月に訃報を聞いて驚いた。奥に真吾さんの写真やお花が飾られている部屋があった。

 娘は風邪で辛いのでもう車で寝ているというし、雨の中雑木林も見られませんでしたが、コーヒーだけ頂いていると、後ろを柳生博さんが通り過ぎて前のテラス席に3人で座っていました。

f:id:hidamari39:20150818230557j:plain

f:id:hidamari39:20150818231034j:plain

 

       f:id:hidamari39:20150818230521j:plain

レンゲショウマが雨に濡れて咲いていて、ピントはぶれてしまったけど、とても綺麗。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }