テレビに携帯

先週テレビが壊れた。2、3回つかなくなりなり、コンセントを抜いて再びさして治ったものの、ついに全くつかなくなり、修理を頼んだ。関連会社の人が修理にきて、テレビを分解して2時間くらい作業したが治らなかった。そこで7割くらいが治るということだった。治れば2万いくらかだが、今回は治らないのでその後部品交換を依頼すると取り寄せて48,000円かかるということだった。修理の人は「今だったらこのテレビよりもう一サイズ大きい画面のものがこのサイズに収まり、性能も良くなったものが5万円するかどうかで買えると思います」と言う。7年くらい前に買った時はまだ高かったのだが、そのせいで、部品も高くて修理にお金がかかるという。今のテレビは安いので修理してもそんなにかからないとも言う。

治らなかったので出張費の3,000円だけ支払った。

ちょうどそこへヤマダ電機からのダイレクトメッセージが届いた。みるとその大きさのテレビがセールで34,800円。

今週はそんなわけでずっとテレビなしで過ごしている。

 

義妹とその子供2人がドコモとソフトバンクからauiPhoneに替えたところ、我が家でも家族3人iPhoneをずっとauで使っているのだが、2年間はずっとお得な通信料で金額を聞いたらあまりの違いに愕然とした。

auで機種変更してもあまり変わらないのだが、主人と子供が買い替えるか検討していて、主人のiPhoneのバックアップを取ろうとパソコンに繋いで同期をしたところデーターがなくなってしまった。同期をするまえにバックアップを取るのだと言われたが、バックアップするために同期するのではなかったのか?

さらにiPhoneにした時にapple IDをとったので、auのメールアドレスがそのままIDになっていたのだが、途中で迷惑メールが多いからとメールアドレスを変更していたのだが、apple IDの方はそのままで使っていた。今回そのことを忘れてしまい、IDを入力するのに自動的に新しいアドレスが表示されていたので、パスワードだけが入らず、パスワードをリセットしてしまった。ところが、その新しいメールアドレスの方はすでにappple IDとして存在していたのだ。つまり、他人のアカウントのパスワードを変更してしまったのだ。

どうしてそんなことが出来たのかというと、前にそのアドレスを使っていた人がアドレスを変更していて、Appleの登録の方を変更していないと、パスワードのリセットはAppleから送られるメールに返信することで可能なのだ。

今のように2年ごとに他者に乗り換える人が多くなると、メールアドレスも当然変わり、しかし、IDとしては使える状態なので気づかないままの人も多いのではないだろうか。そして使われなくなったアドレスを偶然他人が使い始めることも。そんな偶然は滅多にないこととAppleも慌てていたが、そのためにこちらも新しいメールアドレスに登録が変更できない状態になっている。

 

もう一つ子供もApple IDをとっているのだが、こちらはメールアドレスを間違えて登録してしまった上に、パスワードを忘れてしまいせっかく入れたiTunesカードのクレジットが使えない状態になってしまった。パスワードを忘れた場合はメールが送られてきて、それに返信することで可能になるのだが、肝心のメールが届かない訳で、その場合は本人確認として、最初に登録したときに3つの質問に答えたことになっているので、その質問の3つのうちの2つがあっていればいいということだった。

ところが、この3つの質問、本人が全然覚えていなくて、とにかく言ってみてくださいとやってみたが、どうしてもわからない。5回失敗すると8時間アカウントが凍結されるということで、次の日にまた別の答えを言ってみたがやはり失敗してまた8時間凍結されてしまった。本人が電話で本人ですといっても本人確認には当然ならず、どうしても他に手立てがないという。あとはお金は諦めて新しいアカウントを取り直すしかないという。

2人共怒って次はAndroid携帯にすると言っている。会社や学校に行っている間相談センターに長時間電話して対応しているのは私なのだが。

 

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }