クリープを入れない人生をこれからは生きていく

昨日のタイトルの続きをまた言いますと、何の曲かを知ろうとしていくつかの曲を聴いたら、自分が探している曲がなんだったのかさえ分からなくなってしまって、夜また布団に入ってからそのメロディーを思い出したのだけど、歌詞さえ分からず、なのでメモすることもできず、朝になるとまた思い出せない。

昨日の夜、「鶴瓶の家族に乾杯 」を見ていたら、加藤茶がゲストで鹿児島へ行っていたのだが、後ろ姿だったにも関わらず、どこか変だった。最後に訪問されたお家の人が、「やっぱり、(加藤茶の)オーラが見えました」という様なことを言っていたが、全く生気が見られないというのだろうか、そうしたら、ネットでも散々言われているようだ。南田洋子さんが、病気の前にNHKの朝の番組に出ていた時もあんな感じだったかと思った。

前に病気を見つける番組にでていくつか病気があったようだが、ロケに出て、スタジオに戻って番組に出ているのだから緊急の病気ではないのかも知れないが、心配になった。

さて、今日、リコッタ (id:cedrus)さんのブログのコメントに 西瓜男 (id:suikaotoko2013)さんが苦しさの味を知らない人生なんてさ、クリープを入れないコーヒーじゃないか!と書かれていて、横から話に割り込んではと思い、タイトルにしてしまいました。m( _ _)m

私はコーヒーは苦い方が好きで、深入りの豆を大きいコーヒースプーンでたっぷり目に入れて落として毎日3、4杯、食後とお茶の時間で飲んでいますが、ずっとクリープのポーションを使っていました。クリープを入れないとどうしても胃にくるように感じるので、クリープポーションは切らすことがない様に、いつも5袋くらいは常備していたのです。ところが、今月になって買いに行ったら棚が空っぽで全く!と思いながらもう1件別のスーパーに行くもそこにも無く、なんと、販売が終わっていたことがわかりました。

しかたなく、今は家にあったよつ葉のスキムミルクを入れているのですが、どうも違って慣れません。

今まで「コーヒー、おいしい!」と行っていたのはコーヒーじゃなくてクリープだったのかい。

以前、北欧のカフェに行った時にコーヒーにお砂糖は用意してあったのですが、ミルクは見当たらず、他のお客さんをさりげなく見ても誰も使っていなくて、そういうものかと思って敢えて聞くことが出来なかったのです。リコッタさんも西瓜男さんもクリープはいらない派のようですし、ここは私も卒業するしかないですかね。

そろそろ3時ということで、1杯用の鉄瓶でお湯を沸かしてコーヒーを入れてみました。ブラックです。

あ、その前にブルーベリー味とホワイトチョコとダークの小さいチョコレートを口に入れました。甘さが残っているうちに溶けあうハーモニーで頂きます。

 

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }