今日も色々

今日は花ばさみで小指を切ってしまい、キーボードを打つのも若干支障あり。意外に小指を使っていると実感。

 

  • 雀の巣

最近家の周りで常に雀の声がすると思っていたら、2階の高さの外壁に配管か何かが出ていて、箱のような形のカバーが乗っかっている中に、どうも巣を作ってそこで啼いているようだと分かった。

常に啼いているのは子供で、近くを通ると親鳥が警戒して、「ビー、ビー」とまるでブザーのような声で啼く。最初は雀がこんな声で啼くとは思わなかったので、何だろうと見ていたのだが、親が啼くと、子供は黙るので、巣の場所を教えない為に啼いているのだろうか。ツバメだと、人前でも平気で雛に餌をあげるのに、雀は巣に入る所も見せないようにしている。ベランダに残り物とかを置くとそれは食べにくるのに、子育てにはとても用心深いらしい。

 

家は庭もなく、3階建てのビルで両隣も高いビルに囲まれているのに、それでも、鳩とツバメが以前巣を作って子育てをしていた事がある。ツバメは2度目の時、カラスに襲われて以来、こなくなってしまった。鳩は3階の部屋の窓の外の手すりに巣を作った。巣立った後、窓を開けて、巣を掃除してしまったのでそれ以来はない。雀の巣の方は、同じビルの外側でも、人間の手の届かない、見えない場所に作ってある。頭がいいと感心する。なんとか雛が見えないかと、下から覗き込む度に親がどこからか出てきて、ビービーと啼いている。たとえ一緒の家に住んでいるとしても、気は許してはくれないようだ。

 

  • そうめんの季節

おそば屋さんの夏のメニューに、冷やしきつね、冷やし中華、冷や麦と冷たい麺が入るが、そうめんというのはお店では見た事が無い。冷や麦はガラスの器に氷水の中に入っていて、そう缶詰のみかんが2つ乗っかっている。冷や麦とそうめんの違いは麺の細さと、そうめんは細い故に切れずに伸ばすために油が入っている。

今まで、冷や麦はなんどか食べたのだが、そうめんを外で食べた事がない。

しかし、家で作る時はそうめんが多い。

そうめんは大抵夏の贈り物として、毎年どこかで頂いている。

自分で敢えて買った事は、そうめんも冷や麦もないかもしれない。頂いたそうめんの一箱を、夏に食べきれずに、お汁の具とかにして一年かかって食べている。

夏、暑くて食欲も無いときは、そうめんでしょ、と言ってみるが、家族は誰も賛成してくれない。家のそうめんは、ただ茹でて、ざるそばの様に、蕎麦猪口に入れたそうめんつゆで頂く。薬味もあればいれる、程度なので、そばやうどんは同じように食べていても好きなくせに、そうめんはね、と言うのだ。

 

こうしてよそ様のブログで紹介されているそうめんを見せて頂くと、みんなそれぞれおいしそうである。家が手抜き過ぎるのかもしれない。

食欲が無い=作る気がしない、ではなく、どこの家でもちゃんと作っているのだなあと反省しつつ。

去年、ナスの胡麻和えをそうめんと一緒に食べるとある本で読んでから、やってみたら、本当に美味しかったので、一品増えた位。それで、「お昼、そうめんにする?」と聞いてみると、相変わらず気乗りしない返事である。

 

そうめんはその細さ故に茹で時間も短い。そういえば家では他の家よりずっと茹で過ぎなのかもしれないと思う。麺によっては30秒くらいというのもあるが、私などもたもたして、4、5把を茹でるのに、あの束ねてある紙を一把づつ剥がしている間に、30秒なんて過ぎてしまっているから、いけないのかもしれない。

そうめんも極めるには道は遠いですね。

 

  • 今朝の夢 

本当に取り留めの無い事ばかりになってしまったが、今朝は寝坊した上にそういう時に限って夢の中でもどうしようのない疲れる夢をみる。

いっそ早起きすればいいのだが、せっかく見た夢の記録。

何故か私は舞台でミュージカルの主演女優だった。そして、手には楽譜を持っている。歌詞は日本語ではなく、それに曲すら分からないのだが、それをあと一時間後には舞台で歌って、台詞を言わなくてはいけない。本当は一週間前に練習するしてくるように言われていたのにさぼっていたのだ。どうしよう、こんな状況で舞台にたったら、まだ何も覚えていない、と異常に焦ってみるものの、何も頭に入らない。

 

これ何の解釈しなくても、今の自分そのものです。

やるべき事をやってないだけ、はい。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }