中島飛行機跡地 改め昭和飛行機跡地(訂正) 

昭島にある、フォレスト・イン 昭和館でお昼を食べて、目の前の庭を散策した。

撮影でよく使われていますというチャペルがあり、池と芝生の庭をぐるりと一周すると、後ろ側にフェンスが見える。簡単に越えられそうなフェンスなので、これでは外から簡単に入れるのかと思って近づいてみたら、扉が開いていて、そこから雑木林の散策路になっていた。つまりそこも敷地の一部であった。松やコナラや山桜の木々の中にウッドチップを敷き詰めた小径が続いていた。

 

       f:id:hidamari39:20130414151716j:plain

散策路の立て札を見て初めて知ったのですが、ここは中島飛行機昭和飛行機のあったところで、終戦時には工場拡張予定の自然林となっていたようですが、それが残っているのでしょう。

       f:id:hidamari39:20130414151650j:plain

 

手前のチャペルでこの散策路があるのは今まで気がつかなかったのだが、芝生の庭園よりも歩いていてずっと気持ちよかった。

 

今はまたホテルの結婚式が復活しているようで、ブライダルサロンにも何組ものカップルが相談中のようでにぎわっていた。チャペルを見学する若い女性もいる。

しかし、クリスチャンでもないのにチャペルで式を挙げるのだとしたら、あまり関係ないのかもしれないが、安っぽいチャペルに見えてしまうのが残念。

 

追記

コメントを頂いて気がつきました。

昭和飛行機跡のことを何故か中島飛行機と書いてしまいました。手もとの昭島市の本を見ながら書いているにもかかわらず、間違って書いてしまいました。大変申し訳ありませんでした。

中島飛行機は主に武蔵野市にありました。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }