読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がつけば桜も満開

地デジ

一週間も空いてしまうと、ニュースもたくさんあり、気候も変わり過ぎて何かを言うには遅すぎる感があって、結局なにも言えなくなる。

いくつかのニュースを聞いていても、何だか弱いものはどんどん追いやられていき、その外にいる人は傍観者的な社会にただ寒々しい思いを感じてしまう。それが日本の社会だと皆が納得しているかのようで、テレビの画面むかって、ただ一人どうして・とつぶやいているだけ。

何日も考えがまとまらないまま、そうやって過ぎていくことがこの流れに従っていくことがいいと感じたり、何も考えていないだけだと感じたり、だいたい考えることというのはあくまで自分の希望的予測だけで、現実に進む方向や、結果は全然別のことだったりするのだはないだろうか。

 

最近地デジのスカイツリーからの電波受信の試験をやっている。我が家は現状がすでに電波が届きにくくてしょっちゅう音がとんだり、モザイクになったりだが、試験放送の間の方がよく見えるようだ。

先日もアンケートの電話があり、各テレビ局で試験放送をやっていることを知っていますか?ということだった。知っているついでに、普段から見えにくくて、アンテナも取り替えてもまだ不自由だと訴えたけれど、アンケートの答えには関係ないので当然無視された。

でも、東京タワーや基地局からの電波を拾うのに方向がちょっとずれても見えなくて、苦労しているのに、スカイツリーからだと、アンテナの方向が多少ずれていても見えるのは不思議だ。出力とかの関係ではなくあくまでも今までより高い所から発信しているせいでより届くようになるということなのだろうか。

とりあえず、これからは見えるようになるのであれば有り難い。

 

さて、一週間の間に何をしたかといって、とりたててなく、本も進まず、書くことも思い浮かばずてきな日々。桜を見ないうちに散ってしまいそうな気配。

時間が私を追い抜いてくれたら、どんなに楽だろう。いやもう追い抜かれているのかもしれない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }