読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大寒

身体

このところ寒さのせいか、膝にきている。歩いている時はちょっとした、違和感程度なのだが、問題は階段を降りる時。登る時は感じないけれど、降りる時は膝にこんなに負担がかかるのかと、なるべくそうっと降りている。

駅のコンコースを歩いてきて、階段の直前でほんのちょっとためらうよに立ち止まってから、目の前の女性もそうして立ち止まった時、心の中で思わず、「そちらもやはり膝が?」とつい叫んでいる。
でも、ちょっと待って。
何時も階段の降り口で立ち止まったりする人を見かけた時、今までは「危ない!こんなところで立ち止ったりして、後ろの人がぶつかったらどうするの?」と言っていなかったか。
まったく自分勝手なものだ。普段、相手の身になって考えられるかとか言っておきながら 、人が痛みがあるかも何て、自分がそれを経験するまでは考えることもできない。
自分の判る範囲でしか、考えられない。
でも、人混みで階段やエスカレーターの乗り口、降り口に立ち止まるのは危ないから、ついやってしまわないように気をつけなければ。
デパートが次々セールになって、どこのフロアーも、レジも人で一杯だった。
あの台の上の商品をひっくり返して、群がる人々を妙に懐かしい想いで見た。
何でこんなに物が売れているのだろう?
と言いながら、自分も両手に荷物。白菜と豆腐と、食品色々。重い。
手と足が痛くても世の中が平和であることに感謝。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }