読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカード

くらし

大学生の息子がデパートで買い物したついでにカードを作ってきた。

どうして作れたのかと思ったら、お年玉貯金用に作った口座を持っていて、数万円入っているその口座で作ったとの事。

知り合いの同世代の子供を持つお母さんからも、息子がカードを作ったという話を聞いたばかり。デパートも盛んに大学生位からカードを作らせるべく一生懸命働きかけているようだ。

 

私自身、クレジットカードが大嫌いなので、その某デパートでも数年前にそのデパートのカードからクレジットカードへの切り替えとなったのだが、断固拒否して以前のままのカードを使っている。(って使ってるのは一緒なのだが)

クレジットカードをどこかで買い物するたびに勧められるままに作っていると一体何れくらいになるのだろう?そういう機会の度にいやです!と言っている私でさえ、3枚のカードを持っている。デパート以外は持ち歩かず、新しいのがくるとすぐはさみを入れて、引き出しにしまっている。

 

ルミネでもいつでもカウンターでカードを作れて、即日発行(仮カード)というのでどうしたら作れるのかと聞いてみたら、何と免許証を持っていればその日から、ルミネの中のクレジットの買い物ができるという!(信じられない)

 

しかし、世の中にはカードの審査で引っかかる人もいる訳なのにどうしてこんなに簡単にカードが持てるのだろう。

息子のデパートのカードにくっついていたのはアメックス。収入もない人が簡単にオーケーなのは、今までブラックリストに載ったかどうかという審査なのだろうか。

そういうことは、免許証だけですぐ照合できるのだろうか。

 

VISAも郵便局でつくるカードには収入があることとはうたっていない。

りそな銀行では安定した収入があること、とホームページにはあったが、実際には申し込めるようだ。おそらく、未成年でもその口座に親や祖父母が入金してくれると見込んでいるということなのだろうか。

 

クレジットカード会社が儲かるのは、ポイントがたまる、年会費無料、とかうたいながら、簡単にリボ払いを選ばせて、高い金利を取っているからだ。

リボ払いの金利は金融会社のカードより金利が高いというが、払う時に1回と数回の差がどれほどなのか、言っている本人達があまり分かっていないとしたら、怖い。

以前、2、3万円の腕時計を彼氏にプレゼントしていた女の子が、「30回払いで、」とカードを出していた。最近では現金より、カード払いの方が多くなっているとある商店の人が言っていた。抵抗なくカードを使っていることが、実は借金をしていることなのだ、と知った上で使っているのかどうか。

 

先日も知人がカードの特典でホテルのランチが大幅に安い値段になるというので、連れて行ってくれた。そういう特典やサービスがたくさんあるので、皆カードを止めようとは思わないだろう。

でも、そういうサービスが出来る程、利益が出るという事はどういう事なのか。

 

今や、VISAやアメックスが収入がなくてもカードを作れる時代になっていたとは。

 

これからは、ネットにしろ、カード決済以外受け付けないとかそういう時代が来るのだろうか?カードを持たないという選択肢は受け入れられるだろうか。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }