自動製氷機はいらない

そろそろ暑くなってきて冷蔵庫で氷が欲しくなるが、我が家の冷蔵庫の自動製氷機は壊れてしまって使えない。
もっとも壊れる前からあまり使わなかったのだが、先日テレビで家の中のカビを調べていて、冷蔵庫の中でカビがたくさん見つかったのはやはり製氷機だった。番組ではメーカーの説明書道理に手入れをしていれば問題ありません。と言っていたが、それにはこまめに氷を全部なくしてから、薬剤を通して消毒するとか、ぜんぶ分解するとかメーカーによって違うだろうが色々面倒な手順がある。
だいたい、製氷皿は洗えるようになってきたが、(我が家のは10年近く前のものなので、中は全く洗えない)水を入れるタンクから製氷皿までをつなぐ管までは洗えないメーカーがほとんどである。
タンクにはフィルターがついているが、それもすぐカビが生えるので使うのがいやになってしまった。
いっそのこと自動製氷機のないタイプはないのかと、聞いてみると一人か二人用の小さいタイプなら付いていないものがあるが、なんと小さい方がいまや電気代がかかるのだと言う。普通の家庭用のサイズのものはどのメーカーも自動製氷機がついているのだが、省エネを進めたので、電気代はかからないのだという。

電気代のことを聞くとそろそろ冷蔵庫も買い替えた方がいいのかと思うのだが、展示してあるものを見るたびにやっぱりと考えてしまう。

結局今のところただの製氷皿を買ってきて、それに水をいれて氷を作ることにした。

そのほうがすっきりして手入れも簡単でなんでわざわざ込み入ったものを全部にくっつけているのかわからない。
とにかく今のメーカーはすべて横並びでそれぞれの特徴とかなさすぎる。

ただ家の冷凍庫は今一番下の引き出しになっていて、製氷皿に入れた水を冷凍室に入れる時にどうしてもこぼしてしまうのが難点。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }