原発が止まるまで

季節の変わり目には体調が乱れやすいもの。
風邪をひいたと思ったら、ぎっくり腰、背中の痛みを治療して貼ったテーピングからかぶれて湿疹から、蕁麻疹。
満身創痍な日々。

ところで、最近では国民の意識では8割が原発廃止に賛成しているそうである。
普通に考えて、使用済み核燃料の処理方法も確立出来ていなくて、更にこれを増やすということを誰が賛成するのだろう。
これからの子孫が発明して考えてくれて、犠牲を払ってくれるから、自分たちは電気を使い続けるなどと、誰が言うだろうか。
しかし、国は原発稼働へ無理を通そうと必死にみえる。
マスコミや経済界が一緒になって電力が必要といっているのをみると、もう既に世界的にも流れが変わってきているのに、日本だけおかしくなっていくようだ。

そのまま突き進もうとするなら、日本の産業そのものも世界から全く支持されなくなっていくだろう。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }