読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェンジ

311以後

最近はテレビでニュースをやっていると、このニュースはなぜ今なのか、このニュースの言っている意味は何かとか、またこのニュースを云うことで何から意識をそらせようとしているのかと考えてしまう。

たとえば、先日は2010までのデーターで平均気温が上がって温暖化だったことが証明されたみたいに言っていたが、もうその後の2年間は冷えていたののではないでしょうか?何故今更いってみるのでしょうか?

去年の3月15日の朝6時頃の福島第一原発の爆発についても、4号機が吹き飛んだのは事実だが最近のニュースでは東電の新しい発表でその時の爆発音の後で、2号機の格納機から大量の放射性物質がばらまかれたことが明らかになったとして、2号機のことしか言わないからまるで4号機の爆発がなかったみたいに思えてしまう。

昨日ついに柏崎刈羽原発6号機が点検で運転を停止して、東京電力原発は0となり、北海道の泊原発3号機を残すのみとなった。

ニュースではとたんに夏の電力が持つかどうかと不安をあおるような取り上げ方ばかりだ。

猛暑だったら足りないということだが、実際のところ節約の仕方も学習して、個人でも企業でも以前と同じように使っているところはほとんどないのではないだろうか?

これからは新しいエネルギーに一気にシフトしていくだろう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }