今週のつれづれ

・311余震

昨日は地震があった。私の地域は震度3だったが、とても長く感じた。揺れている間、これから強い揺れがくるのかと不安に怯えながら部屋に立っていた。

 

・頭痛

月曜日右の耳の付け根が痛くなって、次の日から二日間は頭のてっぺんが痛かった。

今日は左のこめかみに痛い場所が移動している。

 

・地デジ

木曜日はアンテナを取り替えた。

去年つけてくれた電気屋さんが、総務省のレポートをみて、もう少し高性能のタイプに取り替えてくれたのだ。ただ、総務省の指定したタイプは山とか谷で使うタイプですよ、といっていたが、とにかく大きくなった。

しかし、基地局のある方に向けても電波がとれなくて、結局反対側のビルの看板から反射している電波がとれたと言って、我が家だけ周りのうちとは全然違う方向を向いている。

それでもテレビのアンテナレベルは上がったので、テレビが見えればアンテナがどちらを向いていても今の所は支障なしとなった。

 

業者の人が言うには、今日は2時間東京タワーの電波をやめて、スカイツリーからの試験放送に切り替えて影響を調べるのだと言っていたが行われたのだろうか。

 

 

時々、画面が少しモザイクになってしまうがその影響か(今までと比べて特に酷いか)どうかはよくわからない。

 

・選挙

今日になって衆議院議員選挙・国民審査の投票所入場整理券が届いた。

投票に行く時には前に届いた都知事選挙の整理券と2枚持っていくようだ。すべてのスケジュールが全然間に合わない状態なのだろう。衆議院議員の公報の配布予定は14日というし、立候補している人の経歴もぜんぜんわからない。

NHKの政見放送もどういう風に順番を決めているのか、朝のニュースの合間に3つの党を放送した時、自民党、日本共産党、自民党で自民党はまったく同じ内容を2回やっていた。放送事故ではないかと思ったが、何かのルールがあるのだろうか。

私がランダムに見ている限り、地区は東京、千葉、群馬を見たが、自民党、共産党民主党、と次に維新の会と未来の党、みんなの党で、中々見ない党もあるような気がする。回数は立候補者の人数に比例しているということなのだろうか?

 

新聞では、予想では自民と民主の接戦だと言っていて、その他の党はどうしてそんなに低いのかと思ったら、この間駅前で演説していて、納得した。というか、思い切りがっかりした。小選挙区から立候補するためにどこから集めて来たのかと思うような人達に政治をお願いしますと託せるのかと思ってしまった。

 

昨日まで会社員、タレント、歌手、そういう人達にいきなり国政をまかせようとどうしても思えない。政党の数合わせのために人数だけいればいいというものじゃない。

それはやはり議員の数が多すぎるということではないのだろうか。

 

 

 

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }