自転車もどる

10月も今日で終わり。今月の初めはまだTシャツでよかったのに、今週はもう去年の一番寒い時期に着ていた、裏がボアのパーカーにそれでも寒くて裏がやはり毛足の長いボアのちゃんちゃんこをすでに着てしまった。(これ以上、上には着れない。下のシャツをこれからは重ねるのみ。)

 

しかも、11月まではとにかく我慢しようと、何度もためらったのについに暖房のスイッチまで入れてしまった。

ああ、スイッチ1つで簡単に入ってしまう、その便利さに負けてしまった自分が悲しい。部屋の温度はと言うとここは東京、多摩地区とはいえまだ19.7度。そんな温度でなぜこんなに寒く感じるのか。

たぶんだんだん気温の変化に身体がついていかなくなっているのだろう。

外を歩く人を見てももうすっかり冬のコートの人がたくさん。

 

盗難にあった自転車が市で回収されたとの手紙が来たので、駅からバスに乗って引き取りに行って来た。回収されたのは家のすぐそばだったようだ。盗難届をだしていたので、受け取りの手数料は無料で返してもらえた。

 しかし、1ヶ月野ざらし状態だったので、すっかりスポークもさびていた。タイヤもぺっちゃんこだったが、帰りは乗って帰って来た。交番に寄って自転車が戻って来た報告をすると、警察署長宛の書類を書いて、拇印を押して手続きが終了した。

 

久しぶりに自転車に乗っていたら、空気が抜けたタイヤで膝にきたけど、歩くよりは遥かに移動できる距離があることの幸せをしみじみ感じる。

そう、ほんのちょっとだけど家までの帰り道に遠回りして、歩いてはこられなかったケーキ屋さんでアップルタルトを食べた時、身体のなかから幸せが湧き上って来たのでした。

f:id:hidamari39:20121031152037j:plain

た ん じ ゅ ん

 

 

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }