置き去り自転車の行方

家に置きざりになったまま、もう4、5ヶ月になる自転車の途中経過。

夏前に交番に登録ナンバーを控えて行った時には盗難届がでていないので自転車の置いてある土地の所有者の責任でどうこう、(何ヶ月か張り紙しておいて処分すれば)と言われた。

市役所に連絡しても置いてある土地の人の責任で粗大ごみにと言われた。

しかし、粗大ごみは有料である。

じゃあ、市のゴミ処理センターに持ち込めば無料と聞いて、問い合わせてみた。

持ち込みはOKとのこと。

そこで、つい、その自転車はどうなるのですかと聞いてみた。

そこはリサイクルセンターもかねているので、リサイクルされるのか、処分されるのか、と。

すると、処分しますとのこと。

市が駅前で回収した自転車は持ち主に手紙でお知らせが行くと聞いたのですが、この場合は持ち主には連絡いかないのですか?とつい聞いてしまったら、向こうは急にちょっとお待ちください、確認して折り返しお電話します、となった。

 

本当の所有者の知らない所で、市が自転車をスクラップにしてしまっていいのか、ということになるようだ。

折り返しの返事で、そういう自転車を持ち込む時には、警察の生活安全課に電話して、処理ナンバーをもらってください、という。「交番ではだめなんです、こちらに電話してください。」といわれたので、そちらに電話した。

 

そこで話したら、また交番からお巡りさんがすぐやってきて、もう3ヶ月位立っているので、盗難届がでているかもしれないと調べてくれたがやはり出ていなかった。

ここでまた振り出しに戻ってしまった。

そして、お巡りさんが言うにはそうした案件で処理ナンバーなどないという。

交番で大家さんが処理してくれ、といわれたので、市のゴミ処理センターに電話したら、警察から処理ナンバーをもらってくれと言われ、お巡りさんはそんなものはないという。そして、警察が置かれた自転車を捨ててくださいと言った訳ではないと。

じゃあ、自分の物として乗ってもいいんですか?と聞くと、盗難だった場合にはそれはこちらが悪い事になる。

なのに捨てる事はできるのかというと、何ヶ月も置いてあればというがなんか腑に落ちない。

何故落とし物として届けられないかというと、皆がそこら辺にある放置自転車を持ってきたら、交番が自転車で一杯になっちゃうからという。

 

それでも、今回この自転車の登録者に電話して取りにくるよに言って欲しいと言ったら、それは対応してくれることになった。

ただし、相手の情報をこちらには言えないので、取りにくるのか来れないのかそこら辺はよくわからない。

 

まだしばらくそのまま置かれている。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }