読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日遅れで梅雨明けの話

昭和の自分

昨日の朝の天気予報で「梅雨は開けていませんが暑い一日となるでしょう」と言っていたと思ったら、夜のニュースでは「梅雨が明けて暑い一日となりました」と言っていました。

いつの時点で開けたのかと突っ込みたくなるところ。「暑い一日だったから梅雨明けとなりました。」ならスッキリするのに、わざわざ「梅雨明したと見られます」とか、どうしてはっきり「梅雨明けした」と言わないのかともどかしい。気象庁のホームページを先ほど見たら、やはり梅雨明け(速報値)17日頃とあって、確定するのは後から統計をみてということらしい。

「私が明けたと言ったから、梅雨明け」

という訳にはいかないようですね。

 

昨日は八王子で37度を越えていたとかで、今日はもうクーラーがついた部屋でほどんど過ごしてしまいました。

 

急な変化に体が本当についていけないこの頃です。

朝から右目の周りが痛くて、見たら下の瞼に白いぷくっと脂のようなものが出来ていたので、目医者さんに行ったら、痛いのは大げさだという感じでしたが脂は取ってくれました。

瞼をめくられるのに異常に緊張する性格で、そんなに力を入れないでと怒られるのですが、見たくないのに目を開けるというのは相当苦しいのです。

 

今日思い出した昔の話。

5歳位の頃、お客さんにカルピスの入ったコップをお盆で運んでいて、コップを宙返りさせられるような気がして、ついやってしまった。

・・カルピスこぼれました。

f:id:hidamari39:20120718165106j:plain

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }