読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七夕の日はいつも雨

311以後

雨が降ったり止んだりの一日でした。七夕はやはり旧暦でやったほうがいい気がします。

今日は髪の毛を切ってきました。首の周りがうっとうしくて、暑くなった途端もう耐えられなくなりました。

私は伸びるのは遅いですが、髪の量はとても多くて5cm位切ってもらっても、落ちている髪の毛の量はかなりあります。今はゴミも有料の時代、たくさんあるのは申し訳なくもあります。

そんな事を考えていたら、何故、人間の髪はこんなにも伸びる必要があるのかとても疑問に思えてきました。ペットのトリミングも盛んではありますが、本来必要だから生えてくるのであって、もし切って捨てるだけならもうそろそろそんなに生えてこなくても良さそうです。もっと長ければカツラにリサイクルとか役に立つかもしれませんが、量だけはあっても燃えるゴミでしょうか。

 

生きるためにはそんなに伸びる必要のない気がするのですが。

 

7月5日に国会事故調査委員会の報告書が提出されたというニュースがありました。

事故調査委員会というのも3月に報告書が出版されたものが、福島原発事故独立検証委員会(内閣府に設けられた民間人による委員会)、失敗学の畑村さんでよくニュースで見たのは政府の事故調査・検証委員会、と区別がつかないでいた似たような名前の委員会があったのですね。

 

委員長や委員の名前をみるとどの委員会も同じような肩書きの人達による構成になっていますが、それぞれの委員を選んだのは果たして誰なのでしょうか。

 

国会事故調査委員会の記者会見はUstreamで見る事が出来ます。

http://www.ustream.tv/recorded/23776648#utm_campaign=synclickback&source=http://www.naiic.jp/video/&medium=23776648

報告書では、事故は人災であったとされ、また津波だけでなく、地震で原発が損傷した可能性にも触れているとの事です。

政府の事故調もこれから最終報告があるようですが、いずれにしてもその報告書から事故をしっかり検証して、国民が納得してから原発の再起動を行うべきはないでしょうか。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... }